BLOGブログ

2017年06月12日

頼み上手になる

あなたは人にお願いすることは得意ですか?

以前「印象の良い断り方」をテーマに記事を書いたことがありますが、「頼む」方は今まで触れていなかったので考えてみます。

先日参加したセミナーで面白いことを言っていました。

人は何か頼まれたりお願いされたりすると、何とかしてあげようと思うことが多いと思います。

道を尋ねられたら教えてあげる、

同僚が困っていたら助けてあげる

家族や親戚でお金に困っていたら、少額であれば貸してあげるかもしれません

でも、あなたは何か人に頼んだり、お願いしたりしますか?多くの人は

頼んだりしたら迷惑だろうから、とか

頼んだことで困らせたくない、とか

いろいろ考えて遠慮してしまう人がほとんどでしょう。実際にセミナー会場にいたほとんどの人もそうでした。

ほとんどの人が何か頼まれたりお願いされたりしたら、なるべく何かしてあげようと思うのに、自分が困っている時は周りを頼らないんですか?

と言う問いかけだったのです。

言われるとまったくその通りだな~と思いました。

だから困った時には「困っています」と手を挙げて、具体的に何に困っているか周りに伝えるとよいです。

言ってみると意外に「なんだ、そんなことで悩んでいたの?」と言われることもきっとあると思います。

一人で悩んでいるとどんどん深みにはまってしまいますが、周りに訊いてみると

考えていたほど深刻ではなかったり

思いもつかなかった簡単な解決方法があったり

身近に相談できる人がいたり

実際にはそんなことが多いような気がします。

もちろんいつも頼んでばかりいたらダメです。自分で努力もせず周りに頼ってばかりでは、本当に困った時に助けてもらえないかもしれません。

そこはきちんと節度を持って下さいね。

私もこれからは何か困ったことがあったら、一人で悶々とせず周りの人に相談していきます!

最近の投稿

カテゴリー