BLOGブログ

2017年04月14日

警戒心が強い人

人見知りで周りの人に心を開くことがなかなかできない人がいます。

特に初対面の人にこの傾向が強くでます。

相手がどんな人か、自分のことをどう思うのか、などいろいろと心配して、それが不安になってしまいます。

不安から初対面の人を前にすると緊張してしまい、スムースなコミュニケーションが取れなくなって、更に不安を強めてしまうというスパイラルに陥ってしまいます。

仮にこの初対面をなんとかクリアしても、その後親しくなるまでに時間がかかるのも、警戒心が強い人の傾向です。

相手に対する恐怖や警戒をなかなか取り除くことができないのです。何度も会って「この人は大丈夫」と思えるまで警戒心を解くことはありません。

ですからこういう人に無理に親しくしようとしたりすると逆に警戒心をまた強くしてしまい、逆効果です。時間をかけて距離を縮めていく配慮が必要です。

警戒心が強いからと言って「一人でいることが好き」とも限りません。むしろその逆で寂しがり屋の人もいたりします。

でも自分から誰かに連絡をして遊びに行ったりとかできるほど積極的でもないので、基本的には誘われるのを待つことが多いです。

ですので様子を見ながら周りから誘ってあげるのがいいですね。ただ一度断ってきたら、それ以上はしつこく誘わずそっとしておいてあげましょう。

こうして親しくなるまではとても時間がかかりますが、一度親しくなると「甘える」傾向もあります。

普段新しい人やモノに対して不安や恐怖心を持っているのでストレスをためています。ですので心を許した人たちにはそのストレスを理解してほしいと考えるので、甘えたり頼ったりしてきます。

ですので周りから見ると「人によって態。度を変える人」と思われてしまうこともあります。

どちらにしても周りから誤解されやすいかもしれません。

もしそういう人がいたらさり気なくサポートしてあげたいですね。

最近の投稿

カテゴリー