BLOGブログ

2017年06月13日

行動力で人生を変える

何か新しいことを始めたくなることがあるときがあります。

一方で私たちの潜在意識は現状維持をしようと働きかけます。

そうすると始めたばかりの新しいことをやめさせようとする潜在意識と続けようとする意志の力のせめぎ合いになります。

ここで潜在意識に負けてしまうと「三日坊主」になるわけですね。

そういう時に続けるコツとしては、小さなことでいいので行動することです。

例えば英語の勉強を始める、と決めたとしましょう。

勉強する方法はいろいろあるし、レッスンを受けるにしてもどういうレッスンが必要なのかわかりません。

そうこうしているうちに何もしないで時間ばかり経っていきます。

そういう時にとりあえずネットで調べてみるとか、

本屋さんに行ってみるとか

こういうことなら少し時間がある時にできて、しかもお金はかからないですよね。

実際にこういう行動をするといろいろな情報を得られるので、今までは知らなかった勉強法はレッスンの受講方法などが分かります。

そうすると興味があるところをもう少し調べたり、連絡してみたり、という行動ができます。

でも最初の行動をしなければここに辿り着けないわけです。

この最初の行動をあなたはしていますか?

行動力がある人は最初の行動が早いです。

仮に失敗したとしても、早いうちに分かれば大きな痛手にはなりません。それよりそれを経験できたことの方が価値があるのではないでしょうか?

こうやって最初の行動をした人は次のステップへの行動もとりやすくなります。そうやって行動をどんどん加速していきます。

私の好きな言葉の中で「Never too late」があります。

「何事も遅すぎることはない、何歳から始めてもいいじゃないか」と言う意味です。

そう考えて、私はバイオリンを20代の時から習い始めました。

子供の頃からピアノを習っていたので楽譜は読めました。ちょっと他の楽器を試してみたいと思うようになったのがきっかけです。

別にプロになるわけではないし、あくまで趣味ですから何歳で始めてもいいですからね。今は中断していますが、結局10年以上続けていました。

私の知り合いに定年後にピアノを習い始めた人もいます。

こんな行動力を持つ人が増えると楽しい世の中になりそうですJ

最近の投稿

カテゴリー