BLOGブログ

2017年06月10日

自己開示していますか?

皆さんはご自身のことをどれくらい話していますか?

私はあまり積極的には話さない方だと思います。でも起業するにあたり変わらなければいけない!と思い、ブログの最初に思い切って自己紹介をしました。

でもそう言っている私自身、オープンに話してくれた人には親しみを感じるので、やはり自己開示は効果的なのだと思います。

人によっては「仕事とプライベートをはっきり分けたい」と言う理由で、あえてプライベートのことを仕事関係の人と話さない、と言う人もいます。

でもプライベートのことを話さないと「あの人のことは分かりにくい」と捉えられてしまうこともあります。

それを認識しておくことは必要ですね。

オープンに自分の気持ちを話すと、相手との関係も深まります。

人と会った時に話した内容を覚えていない、ということがあります。そういう人には親しみもわかないものです。

親しみがわくかどうかは、相手が自分にどれだけ心を開いてくれているか=自己開示してくれたか、で左右されます。

不思議なもので相手が自己開示すると、こちらも自己開示しなければ、と言う「自己開示の返報性」が起こります。

そうして人間関係もどんどん深まっていきます。

おもしろいことに社交的な人が必ずしも自己開示しているとは言えません。

一見社交的で、人が集まる場所でも楽しそうにいろいろな人と話しているように見えても、その内容があたりさわりのない内容ということもあります。

そういう人とはいくら話しても親しくなった気がしないのではないでしょうか?

アメリカのラジオ番組がある実験を行いました。

選挙の候補者3名を次のように紹介しました。

A 政治家としての専門的資質、学歴、政治家としての人となりを詳しく紹介する

B これまでの政治歴、およびその実績を紹介する

C 子煩悩で、毎朝犬の散歩をするなど、私生活を紹介

そしてリスナーに投票してもらったところ、圧倒的に候補者Cが買ったそうです。

そう考えると政治家はもっとプライベートも開示した方がいいかもしれませんね。

最近の投稿

カテゴリー