BLOGブログ

2017年04月18日

自己肯定感を高める

自己肯定感の低い人の傾向として、小さい頃にそもそも自分を肯定された経験が少ないことが原因になっていることがあります。

あまりにも肯定されることや褒められることが少ないと自己否定しがちです。

自己否定が当たり前になってくると「どうせ自分にはできないから」と考え始めます。「初めからできない」と思っている方が自分が傷つかずに済むからです。

自己否定の前提として「他人から指摘されて傷つきたくない」と言う心理があります。ですからあらかじめ自分で否定することで自分を守っているのです。

次に考えられるのは、本当に自信がない場合です。

「謙虚」や「自虐」を通り越して、本当に出来ないから否定している可能性もあります。特に自分の苦手なことに対してこのような行動を取ることが多いです。

この真逆のこともあります。本人の理想が高くて完璧主義な場合です。

周りから見ると充分なレベルだと思えるのですが、当の本人が目指しているところがもっと高いところにあり、そこから見れば「まだまだ」ということなのでしょう。

このように一言で自己否定と言ってもいろいろなパターンはありますが、対処法としてはまずありのままの自分を受け入れることです。

完璧な人はいません、誰にでも得意なこと、苦手なことがあります。

まずは「今の自分」を受け入れてあげて、どんなことでもいいから何か成し遂げたら自分を褒めてあげるのです。

今朝はちゃんと予定通りに起きた

今日やるべきことは全部できた

まっすぐ帰宅して夜ご飯を自炊した

こういう日常的なことでも出来たら褒めてあげるのです。

「こんなことで褒めるの?」と思う人もいるかもしれません。

でもこういうシンプルなことでも出来ない人は実際にいるのです。毎日規則正しく過ごしたいと思っていても実践できない人がいるのです。

あなたにとっては「当たり前」が他の人には「特別なこと」かもしれません。

まずは「出来たこと」を褒めてあげて、少しずつ自己肯定感を高めていきましょう。

最近の投稿

カテゴリー