BLOGブログ

2017年06月20日

相手の心を動かす

同じような提案をしているのに、提案が通る時と通らない時があるのではなぜでしょうか?

避けるべき方法は「ゴリ押し」です。

不機嫌になったり、声を荒げたりして無理に押し通したとしても、相手は「無理に要求を飲まされた」と言うシコリが残ってしまいます。印象も悪くなってしまいますね。

他の要因として唐突にこちらの要望だけ伝えても、逆に相手に警戒心を持たせてしまいかねません。切り出す時は「クッション言葉」も大事です。

ご相談したいことがあるのですが、

ご意見を伺いたいのですが、

などがあると、突然「こうしたいんですけど」と言われるのとはずいぶん印象も違いますね。

皆さんは「イエスセット法」と言う言葉を聞いたことはありますか?

人間の特性の一つに「一貫性の法則」があり、人は何度も同意すると反論しにくくなる、という習性があります。これを利用するのです。

例えば、

梅雨なのに天気がいい日が続いてますよね

こんなに天気がいいと、どこかに行きたくなりますね

ドライブなんかいいですよね~

こんな感じでごく普通の世間話をして「イエス」を繰り返した後に、すかさず本題に入るのです。

そうすると今までイエスの流れできたので、突然ノーとは言いづらくなるのです。

これは何度も同意をすることで心理的なバリアがなくなった結果、断らないと言う説もあります。

どちらにせよ、冗談のようですが心理学の分野ではよく知られている手法です。

皆さんもここぞという時に使ってみて下さい。

最近の投稿

カテゴリー