BLOGブログ

2017年05月25日

発想力を鍛える

毎日同じことを繰り返していると、同じ思考回路ばかり使うので新しいアイデア出づらくなってきます。

また物事を多面的に捉えたり、柔軟性のある発想もできなくなります。こういう状態では周りから「頑固な人」と見られているかもしれません。

ビジネスでは「正解」はありません。その状況で最善の策を導き出すことが求められます。

そういう状況では前例だけではなく、何か新しい仕組みもアイデアとして検討できると更に良い策が出るのではないでしょうか?

でもどうしたらそういうアイデアが出せるようになるのか?

何にでも好奇心を持つことは大事です。常に新しいものに触れ、経験することで脳が刺激されます。

いつもと違うことをする、と言うのも効果的です。

いつもと違うルートで通勤するとか

普段あまり歩かないところを散歩するとか

料理も創造的なプロセスと言われます。

料理をするには段取りが必要ですし、最終的にどんな味のものをどのように盛り付けるか、など考えるだけでもクリエイティブなプロセスですよね。

他にはストーリーを考える、と言うのもあります。

私は人事の仕事をしていたので人に関わる業務が多かったです。そうすると相手のあることなので、相手のリアクション次第で対応が変わることもあります。

そういう時、いろいろなリアクションごとにシナリオを想定していくのです。そうすると何を優先すべきか、譲れない点、譲ってもいい点、リスク、などいろいろ分かってきます。

これも中々に創造的な作業です。

あとこれはクセのようなものですが、複数のことをやらなければいけない時や複数の場所に行かなければいけない時、どういう順番で片付ければ一番効率的か、いつも考えています。

「そんなの当たり前」と言う人もいるかと思いますが、意外にもそうでない人もいるようです。

このように普段から好奇心を持って過ごすようにすれば発想力は鍛えられます。「ワクワク感」は大事ですね。

最近の投稿

カテゴリー