BLOGブログ

2017年04月08日

発想力ありますか?

壁に突き当たった時あなたはどうしますか?

あきらめますか?

壁を回避する方法を考えますか?

それとも壁を乗り越える方法を考えますか?

壁を回避するにしろ、乗り越える方法にしろ、目標を持って考えることはとても有意義なことです。

ただ漠然と考えていても新しいアイデアは生まれません。

何が具体的な目標を持つことで、それを達成するための手段をいろいろと考えます。そういう中で新しいアイデアは生まれます。

良い例があります。ここに二人の人がいます。

一人は電車を今よりもっと早く走らせたいと考えていました。

別の人は東京―大阪間を3時間で走らせたいと考えていました。

どちらから新幹線という新しい発想が生まれたと思いますか?

もちろん後者です。

後者の目標の方がより具体的ですね。

イメージが具体的になればなるほど、イメージに関連するものに対する情報感度が高くなります。

別の例で考えてみましょう。

今まであなたはブランド品には興味ありませんでした。でもあなたが気になる人がルイ・ヴィトンが好きだと知りました。

そうするとあなたも自然に周りの人が持っているルイ・ヴィトンのバッグが気になったり、ファッション雑誌でチェックしたりするようになりませんか?

何か明確な目標を持つと、自然とそこに目が行くようになるのです。そしてそこに目標を達成するアイデアやヒントがあります。

何も考えずに漫然と過ごしていても、そこに新しいアイデアは生まれません。

具体的な目標があり、それを達成しようとする意欲を持つことで、自然と意識がそちらに向くのです。

人間の脳はこういうシンプルな面もあるのですね。

最近の投稿

カテゴリー