BLOGブログ

2017年05月24日

板挟みを乗り越える

組織で働いていると板挟み状態になることがありますよね。

部下から突き上げられ

上司や他部門からのプレッシャー

顧客や外部からのプレッシャー

など、いろいろな関係者から圧力がかかり動きが取れなくなってしまうこともあります。

組織で仕事をしていなくても、プライベートで友人同士の諍いに板挟みになることもありますよね。

私自身も経験したので、その気持ちはとても良く分かります。

最終的に全員に100%の回答を出すことはできません。どちらかを立てれば、もう一方には我慢してもらうしかないのです。

ですから関係者全員に良い顔をすることは諦める方が良いでしょう。そうしないとあなたがストレスを溜め込んでしまいます。

そしてその状況で何を優先すべきなのかを考え、そちらを優先した上で、もう一方には納得してもらいやすい打開策を提案します。

例えば、

非現実的な納期を顧客が要求してきたとしましょう。

これを受ければチーム全員が相応の残業を強いられることになります。でもこの案件を受注すれば、その後に更に大きな案件を受注できる可能性が高い。

こういった状況であなたならどう対応しますか?

人それぞれの考えがあるので正解はありません。

私ならチームメンバーに状況を説明し、必要な期間だけこの案件に最優先で取り組み、残業もお願いします。

今年度のチーム目標を達成するには、今後のこの顧客からの受注案件も必要であること

あくまで期間限定の対応であること

可能であれば他部署からの応援やアルバイトを雇う

というようなことで納得してもらうしかありませんね。

コツと言えるか分かりませんが、あまり部下の気持ちなどを考えすぎないことです。人の気持ちばかり気にしていても、最初に書いたように全員が納得する解決策はありません。

あなたの立場で何を優先すべきなのか考え、それに従うのみです。

「それで嫌われるならしょうがない」と開き直りも必要ですね。

チームが目標を達成すればメンバーにとっても良い結果となるはず、と信じて嫌われ役を演じましょう。

最近の投稿

カテゴリー