BLOGブログ

2017年05月31日

指導する時の注意点

部下やチームメンバーを指導する時に気を付けるべき点についてまとめました。

意外と見落としがちなのが意識や価値観を統一することです。

これ急いでお願い

と言っても「急ぎ」の感覚は人によって違います。今日中に、と思うかもしれないし、今週中に仕上げればいいや、と取る人もいるでしょう。

ですから期日は明確に伝える必要がありますね。

他にも何か仕事を依頼する時には、何が目的なのか、なぜこれが必要なのか、なども説明します。

そうするとよりクオリティの高いものにする提案なども出してくれるかもしれません。

マネージャーと部下は基本的に仕事をしている目線とかレベル感が違います。

マネージャーはより大局観を持って仕事をしていますが、多くの部下は自分の仕事の範囲しか考えていません。

そうするとマネージャーには当たり前のことでも、部下は全く気付いていいないこともあるので、そういうことがないように価値観を合わせる作業は必要です。

説明したことを部下きちんと理解したか不安になる時もありますね。

そういう時は部下に質問してみましょう。

今私が説明したことを、今度はあなたが私に説明してくれる?

このタスクはどういう方法で進めていったらいいかな?

きちんと理解できていなければ説明することもできないはずです。こうすることで部下の理解度を図ることができますね。

説明が足りなかったり、間違っていたところを再度説明することで理解も深まるでしょう。

手間がかかることではありますが、理解不足が原因でトラブルを起こすことを考えれば安いものです。

こうして日頃からコミュニケーションを取っていれば、段々この手間も減っていくと思いますよ!

最近の投稿

カテゴリー