BLOGブログ

2017年07月31日

指導する時に避けたい言葉

一生懸命指導しているつもりなのに手ごたえを感じない、距離が縮まらないと悩んでいませんか?

もしかしたら無意識に使っている言葉が原因かもしれません。

例えば「適当でいいよ」

先輩や上司の立場からだと「気楽な気持ちでやってほしい」と言うニュアンスで使っているかもしれません。

でも言われた方からすると「適当で構わない」、要するに「適当な結果でも構わない仕事なんだ」と取られてしまい、やる気をなくす可能性があります。

「適当でいい」という言葉は仕事に対する熱心さ、真摯さを欠く印象を与えてしまい、「やる気のない人」「頼れない人」というイメージを植えてつけてしまいます。

次に「だから言っただろう」

説明した通りに進まないとつい口に出てきてしまう言葉です。でも既に失敗した人にこの言葉をかけても追い打ちをかけるだけです。

「だから言っただろう」には「自分の言った通りにしなかったからミスをした」という意味が含まれています。

言い換えると「全て自分の言うとおりにしろ」という絶対的な服従を強制しています。

そこまでいかなくても、「自分は事前に伝えていたから責任はない」という責任逃れにも聞こえます。

どちらにしろ良い印象にはなりませんね。

最期に「任せるから」です。

なんでこれがダメなの?と思う人も多いかもしれません。

もちろん大切な仕事を任せること自体は悪いことではありません。問題はどこまで任せるかです。

「任せるから」と言った後にいろいろやり方を指示したり、意見したりするのは後出しじゃんけんのようなものです。

「任せる」を使う時には、どの部分をどの範囲・レベルで任せるのか明確にして下さい。例えば

「ここからここまでの範囲で好きにやってみて」のように指示すると良いでしょう。

そしてその部分に関しては必ず出てきて意見を受け止めるようにしましょう。そこで「これではダメだ」と言って出てきた案を変更したら任せた意味がありません。

仮にこれではうまくいかないだろうな、と思ってもやらせてみることが大事です。失敗を経験して、そこで「なぜうまく行かなかったのか」考えさせることです。

ですから「任せる」仕事はそういう可能性まで含めて大丈夫な仕事を選びましょう。

最近は人手不足、売り手市場と、採用する側には厳しい状況です。そしてこの状況はこれからもずっと続きます。

今いる社員を育成していく技術が今まで以上に求められます。ちょっとした気遣いでモチベーションも高められます。

今日紹介した言葉を使っていないか、改めて意識してみて下さい。

最近の投稿

カテゴリー