BLOGブログ

2017年08月07日

悩まずに決断できるようになる3つのコツ

人生は決断の連続です。

あなたはあまり悩まずに決断する人ですか?それとも悩んでも決められず誰かに決めてもらいますか?

どんな時でも感情で決めるのは避ける方がいいでしょう。感情は一時的なもので、後になって考え直すとなんでこっちを選んだのだろう?となりかねません。

冷静に選択肢を考えて、それぞれのメリットやデメリットをリストアップしていくと客観的に考えられます。私も悩んだ時はこの手法を使います。

心理学者によると重要な選択肢は最後には下記のような二者択一になると言っています。

1 自己実現に近づくが当面苦労の多い選択肢

2 自己実現からは遠くなるが当面楽な選択肢

ここでどちらを選ぶかで普段の思考も分かりそうですね。

でも難しく考えずに「どっちの選択肢が後悔しないか?」という観点で考えてもいいと私は思います。実際私は最後はそうやって決めているような気がします。

「人生の最期に後悔しない」ことが私のモットーなので、最終的にはその基準で決めています。

一番大事なのは「自分で決める」。

意外に自分で決められずに周りの人に判断を委ねる人もいるようです。

でももし他の人が判断したことを実践してうまく行かなかったらどうしますか?

おそらく「あの人に言われたからこうしたのにうまく行かなかった・・・」とその人に責任を押し付けるでしょう。

他人に決めてもらっている限りこの状態は変わりません。

自分で決めれば「自分で決めたことだから」と諦めもつくし、自分で責任を取るでしょう。

あなたの人生なのに、他の人に決めてもらうのはおかしいですよね。他の人の意見を聞いてもいいですけど、最終的には自分でどうするか決めるべきだと私は思います。

最近の投稿

カテゴリー