BLOGブログ

2017年04月20日

唯一無二の存在

先日の「自己肯定感を高める」に書いた内容とも関連しますが、自己肯定感が低い人の中には「自己嫌悪」のような感情があることもあります。

自分の理想が高すぎるため、現実とのギャップから自己嫌悪に陥ってしまうこともがあります。

あとは周りの目を気にし過ぎるケースもあります。

自分がする事を他の人がどう感じるか、どう評価するかをきにし過ぎてしまい、本来の自分を見失ってしまうこともあります。

自分の過去と比べて、以前は出来たのに・・・と言うこともあります。

人間はある一定の年齢をピークに老化が始まります。老化が速い人もいれば遅い人もいるし、どういう現象が出るかも人それぞれです。

でも体力は劣ってもその分人生経験を積んでいるはずですから、まったく同じやり方をしなくても同じ結果は得られるかもしれませんよね。

要は考え方次第だと思います。

このような自己嫌悪の傾向がある人は、まず他人と比較することをやめてみましょう。

他人は他人、自分は自分です。

何か他の人にちょっと自慢できるような特技があるといいですね。それがまず自信になって、自己嫌悪を乗り越えるきっかけになります。

理想が高すぎる人は、力を抜いてもう少し現実的な理想に変えてみるのも一つの方法です。達成可能な理想なら、そこに向かって努力する前向きな気持ちになるはずです。

そして何より人間は全て唯一無二の存在であることを自覚して下さい。

あなたと全く同じ経験をした人は他に誰もいません。あなたと全く同じ人間はいないのですから、あなたは唯一無二の存在なのです。

そう考えれば、もう少し自分を大事に感じることができるのではないでしょうか?

最近の投稿

カテゴリー