BLOGブログ

2017年04月15日

受け身のままでは・・・

物事にあまり積極的ではなく、言われたことだけをして満足していませんか?

そういうことを求められる職種もありますが、そこにあなたらしさ、あなただからできることを加えると、そこに新しい価値が生まれます。

中には言われた仕事だけでも、最低限の仕事だけしてラクをしようとする人もいます。

そういう人たちは「時間で働く」意識なので、同じ時間働くのではあればいかにラクするかを考えています。

ですから作業効率を良くしようとか、スキルアップと言った意欲はありません。

またこういう人たちは自ら話しかけたりせず、逆に「指示される」「教られる」ことが当然だと思っています。

自分から仕事を見つけるようなことはしないし、どちらかと言うと定型的な仕事を好みます。

職種によっては、与えられた仕事を指定された内容で確実に実行することを求められることもあります。

でもそういった仕事でも「もっと効率的に出来ないか?」「より良い内容に出来ないか」考えることはできますよね。

受け身の人は自ら発言することをしません。でもこういった業務に関わるところで発言を促すことは、周りの人も出来るのではないでしょうか?

あとは自ら考えるよう問いかけてみるのも一つの方法ですね?

何か聞いてきたら、

「あなたならどう思う?」

という問い返してみましょう。

最初のうちは考える習慣がないので答えを見つけられませんかもしれませんが、2-3日考える時間をあげて、再度聞いてみてもいいかもしれませんね。

今は人員不足のところが多く、一人一人の生産量を高めていかなければいけない時です。

そして定型的な仕事はこれからはロボットやAIが取って変わっていくでしょう。

あなたがその仕事をすることでどんな付加価値をつけられるのか?そういうことを常に意識しながら仕事をしていかないと、いつかあなたの仕事はなくなってしまうかもしれませんよ。

最近の投稿

カテゴリー