BLOGブログ

2017年05月12日

受け入れやすい注意の仕方

部下を持っている人にとっては避けて通れないことが「注意すること」ですね。

マネージャー経験が長い人でも苦手意識を持っている人が多いです。注意された側の気持ちを考えてしまうからかもしれません。

でも幾つかコツがあります。

まず事実のみにフォーカスすること。感情論ではなく、あくまでも事実やデータに対して客観的な視点で注意をすることです。

感情論になると「言った、言わない」などの水掛け論になりがちです。でも客観的事実なら否定のしようがありません。

注意はタイムリーに。

何か月も経ってから注意されても「もっと早く言ってくれればいいのに・・・」となってしまいます。またその間に同じようなミスをおこしてしまうかもしれません。

注意すべきことは、なるべく早くタイムリーにします。

注意することは一点に絞る。

いろいろ話しているうちに他のことも思い出して、何か月も前のことまで引き合いに出して話すのは避けましょう。

注意している本人はすっきりするかもしれませんが、注意されている方は「あれもこれも」で何から対応すればよいのか分からなくなってしまいます。

最後に一番大事なことです。建設的な改善策を話し合って「これで頑張っていこう!」と締めくくりましょう。

注意されること自体、決して嬉しいことではありません。

でも「同じミスをおかさないために、これからどうしようか?」のような前向きな会話で締めくくれば、注意された側も前向きな気持ちに切り替えられることが多いです。

私が注意された時に意識していたのは、「注意されたのは改善できると思われたから」と考えるようにしていました。

完全にあきらめていたらマネージャーだってわざわざ嫌な思いをしながら、こういう時間を取らないでしょう。だから「私にはまだ成長の余地がある!」と前向きに捉えるようにしていました!

注意する側もされる側も参考にして下さいね!

最近の投稿

カテゴリー