BLOGブログ

2017年05月13日

信頼関係を築く

以前信頼関係について書いたのは「信頼関係の種」というタイトルでずいぶん前のことだったので、あらためてまとめたいと思います。

ビジネスにおいてもプライベートにおいても信頼関係は人間関係の基本です。

特にビジネスにおいては信頼関係なしに成果を上げることはまず無理でしょう。信頼していない人に仕事を依頼するとは思えないからです。

おそらく皆さんも信頼を築くために意識的に、もしくは無意識されていることがあると思います。

最初は「約束を守る」ところからでしょうか。

どんなに小さな約束でもいいです。例えば、

〇〇までに返信する、とか

〇〇までに資料を用意する、とか

そういう小さなことの積み重ねで少しずつ信頼を得ていくのです。仮に何か大きなことで一つの実績を作ったとしても、一回では信頼してもらうことは少ないでしょう。

やはりこういうことってある程度時間をかけながら積み上げていくものですね。

次に相手の話しを良く聴いて、可能なところは相手の意見を受け入れることです。

「人の話しを聞かない」のは信頼関係という意味ではその時点でアウトですね。

話を良く聴いて相手の意見を取り入れながらも、双方に利益になるようにすることも大事です。

双方の利益になることを「Win-Win」とも言います。両方がWin=勝つ、と言う意味ですね。相手だけ、自分だけ、どちらかに偏っているとわだかまりが残ってしまいます。

ですから双方に利益があり、なおかつ長期的な視点で最善の選択肢を取ることができればベストですね。

そうすると「この人は長期的に私と仕事したいと考えている」と分かるので、それは信頼関係を築く上でとても大事です。

長期的なお付き合いを考えているなら変なことはできないはずですからね。

基本は相手のことを考え、行動する。そうしていくことであなたの思いが通じるでしょう。

最近の投稿

カテゴリー