BLOGブログ

2017年04月30日

会社での人間関係で悩まない

退職する理由のほとんどは人間関係が原因と言われています。

職場における人間関係はそこで働いている人のモチベーションやパフォーマンスにも大きく影響すると私は考えます。ですから軽視することはできませんね。

でもどうすれば良い人間関係を構築することができるのでしょうか?

よく言われることですが、やはり人の良いところを見るようにすることが基本だと私は思います。

あら探しをすればキリがありません、何もかも気に入らなくなります。そして不思議なことにその人のこともどんどん嫌いになっていきます。

でも良い部分に意識を向ければ、他の部分はあまり気にならなくなってきます。その良い部分で関わっていくようにしていけば、あなたのストレスも減っていくでしょう。

この方法の良いところは、「良い部分」を意識していくと自然に「感謝する気持ち」や「褒める」ということが増えてきます。

何かしてもらった時には、すぐにお礼や感謝の気持ちを伝えることも良い人間関係を築くコツの一つです。

お礼を言われたら大体覚えています。ですから次に何かあった時も手伝ってもらえる可能性が大きいですね。

これは人間としては当然の感情です。決して見返りを求めていなかったとしても、やはりやったことに対してきちんと評価してもらえれば、それはモチベーションにつながりますからね。

かと言って仕事では関わっていく部分が選べないことがほとんどです。良い部分以外のところで一緒に仕事をしなければいけないこともあります。

そういう時は割り切って仕事に集中することも一つの方法です。

例えばある業務があまり得意でない人と仕事をしなければならない。

そういう時は「ここはアブナイな」というようなところは、あなたが先回りして準備しておくとか、バックアップしておくとか、そんな方法もありますよね。

まずは仕事を予定通り完了することに集中することです。

結果を継続的に出していれば、将来的に他の部署に異動することも可能になるかもしれません。もしくは「転職」という可能性もあります。

何かを変えたければ、まず今いる場所で何ができるか考えてみましょう。

最近の投稿

カテゴリー