BLOGブログ

2017年05月22日

仕事仲間と良い関係を作る

フルタイムで仕事をしている人は仕事場で過ごす時間は長いです。一日の3分の1は仕事場にいますからね。

それだけ長い時間を一緒に過ごす仕事仲間との人間関係は、良くも悪くも普段の生活に影響がします。ですから私は極力良い関係を築くように意識していました。

では具体的にどうすれば良いでしょうか?

一緒にいる時間が長ければ、その人の考え方や価値観も分かってきます。ですからその人に合わせた話し方をするのが効果的です。

例えば、その人が良く使う言葉を使うと相手との距離もぐっと近づくのではないでしょうか?

私がコーチングに活用している心理学分析ツールではコミュニケーションの傾向も分かるので、その人に合わせたコミュニケーションを取ることも可能になります。

例えば「単刀直入」な人に、長々と説明する必要はありません。結果だけまず先に伝えて、更に聞きたそうであれば追加情報を説明するとか、

逆に「細部までこだわる人」には、順序立てて最初からきちんと説明する方が相手も納得しやすいでしょう。

このように相手に合わせてコミュニケーションを取ると、ムダなすれ違いや勘違いがなくなって良いですね。

こういう努力で良い関係を築こうとしても、嫌味を言われたり、妬まれたりすることもあります。

そういう時は真正面から対抗するのではなく、一つ上のレベルから考えてみるとよいです。

例えば誰かがあなたのことを批判していたとしましょう。

そういう時は「私のことがそんなに気になるんだ・・・」と捉えるのです。

批判的になったり、悪いウワサ話を流したりするのはほとんどが「嫉妬」が原因です。

嫉妬に真向から反応するのではなく、ちょっと交わして一段上の目線で考えると軽く受け流せるようになりますよ。

最近の投稿

カテゴリー