BLOGブログ

2017年06月03日

世界はせまい!

週末なので少し娯楽系ネタにします。

あなたは「スモールワールド理論」を知っていますか?

ネットで調べると「スモールワールドネットワーク理論」とか、「六次の隔たり」とも呼ばれているようです。

これは全ての人や物事は6ステップ以内でつながっている。だから基本的には「あなたが会いたいと思う人に会える」と言う理論です。

調べてみるといろいろな例が見つかりました。

1960年代のアメリカでネブラスカ州オマハの住人160人に手紙を送り、ボストン在住の人の写真を同封して、この人を知っているか、知っていそうな人にこの手紙を送って下さい、という実験をしました。

そうすると約26%の42通が届き、仲介した人数は平均5.83人だったそうです。

日本でも似たような実験をテレビ番組が実施しています。

九州を起点として「北海道の知人を紹介して下さい。もしいなければ北海道の知人がいそうな人を紹介して下さい」と尋ねまわり、辿り着くまでの平均は7人だったそうです。

別の実験では、与那国島で最初に出会った人に友人を紹介してもらい、何人目である有名な芸人さんに辿り着くか?と挑戦して結果7人だったそうです。

大体5人から7人の仲介で望む人に辿り着けるそうです。

今はSNSがあるので更に少ない人数だそうです。

私も挑戦してみようかな~、誰にしようかな~と考えてしまいました。

最近の投稿

カテゴリー