BLOGブログ

2017年05月17日

ネガティブ思考な人との関わり方

誰でも一時的に落ち込んだ時などに、ネガティブ思考になることはあると思います。でも中には長い間の習慣で常にネガティブ思考になる人もいます。

そうでない人からすると、全てにおいて否定から入る考え方はとまどうこともありますね。そういう時の対処法について考えていきます。

まず「ネガティブ思考はいけないのか」という観点で考えると、私はそうではないと思います。

一般的にはポジティブ思考が良いと言われていますし、私もそう感じます。でもかと言ってネガティブ思考を否定する必要はないと思います。ネガティブ思考にも良い面はあるからです。

否定することから入りますから、ポジティブ思考の人が見落としがちなリスクや問題を見つけてくれることが多いです。やはり物事を多面的に捉えることは大事ですね。

そして意見の根拠も聞くと良いでしょう。ポジティブな人の視点では気づかないような意見が出てきます。このように自分には出せない意見をネガティブな人に出してもらう、と考えればうまく付き合っていけると思います。

究極の方法としては、相手に合わせて自分もネガティブ思考になってみる、と言うことも考えられます。

「人のフリ見てわがフリ直せ」で、もしかしたら気が付くかもしれません。でも自分がネガティブ思考だと自覚がなければ気が付かないで終わってしまうかもしれませんね・・・。

長い時間一緒にいると、「その思考グセを直してあげよう」と思ってしまうことはありますか?

でもそれはお薦めしません。

それは特定の価値感を押し付けることになるし、そもそも強制するようなことではありません。周りからいくら言っても変えることは難しいです。変わりたければ自ら変わるしかありません。

仕事でどうしても関わらなければいけない場合もあると思います。もし可能であれば、いろいろな視点で意見が欲しい時に意見を聞く、など状況を選んで関わっていくと良いかもしれませんね。

最近の投稿

カテゴリー