BLOGブログ

2017年05月01日

なぜ第一印象が大事なのか?

第一印象が大事とよく言われます。

理由は諸説ありますが、一度よろしくない第一印象を持たれてしまうと、それを変えるための時間と労力が大変だから、というのも理由の一つだと思います。

不潔

だらしがない

無表情

などはビジネスにおいては「ありえない」ですね。

こういったことは本人の努力次第でいくらでも改善できます。その努力を怠っている、という意味でも門前払いに等しいです。

他のバターンとしては営業熱心も度が過ぎてしまうと

馴れ馴れしい

フレンドリー過ぎる

と言うのも良い印象を与えません。

そこはやはり「相手にとって安心できる距離感」を探ることです。決して「あなた自身の距離感」ではありません。

あまりに距離を詰めてくると「馴れ馴れしい」を通り越して「押しが強くて威圧的」な印象になってしまいます。

その他にも

目線を合わせない

挨拶が雑

などもよくないですね。

さすがに営業でこういう人はいないと思いますが、普段あまり初対面の人との接触が無い人は「不慣れ」から遠慮がちな行動になってしまうこともあるかもしれません。

「不慣れ」でも誠意を込めれば伝わるはずです。きちんと相手と目を合わせて挨拶しましょう。

初めての人に挨拶する時は、やはり笑顔で、はっきりとした口調で挨拶することが大事です。

そして相手と目線を合わせること。

初対面に限らず、複数の人と会っている時には、一人だけではなく、2番目、3番目の方にも目線を合わせるように私は意識しています。

最初に失敗したら全てがダメという訳ではありませんが、次のチャンスをもらえるまでに時間がかかります。

それなら少しの努力で最初から良い印象を持ってもらって、チャンスをすぐに成果に変えられる方がよっぽどいいですよね。

最近の投稿

カテゴリー