BLOGブログ

2017年06月17日

なぜワークライフバランスが大事なのか?

最近は長時間労働の問題がよく報道されるようになり、労働時間の管理を強化している会社も増えていると思います。皆さんがお勤めの会社はいかがですか?

ワークライフバランスとは、仕事とプライベートの時間をバランスよく取り、心身の健康を維持しようという考え方です。

仕事が好きな人はワークの部分が多少長くなっても大きな影響はないと思いますが、それでも、あまりに根を詰めるのは身体に負担がかかります。

そういう事態を避けるために、労働時間の管理方法の一つでインターバル制を導入している企業もあります。

インターバルは「間隔」とか「合間」と言う意味で、この場合は夜会社を出てから、翌日会社に出社するまでに最低限開けなければいけない時間を設ける方法です。

インターバル10時間と設定した場合、夜10時まで仕事をしたら、翌朝仕事を始めるのは午前8時以降にしなければいけない、となります。

こうすることで最低限必要な睡眠や休息の時間を取れるようにします。

心身の健康を維持する以外にも、仕事の効率を良くし成果を上げる効果もあります。

ビジネスで成功している人は、プライベートの時間も充実させて生産的な時間を持つことを意識しています。

そうすることで、より柔軟な思考ができるようになり、仕事漬けでは出ないような斬新なアイデアがひらめいたりします。

ビジネスからは得られない人脈も広がります。

プライベートの時間では、ただ休むだけよりも逆説的ですが積極的に身体を動かすことで身体の疲れを取ることができます。

15分程度の軽い有酸素運動でも効果があるそうなので、疲れたからと言ってゴロゴロしないで、ウォーキングでもいいので外にでましょう。

私は運動が苦手で特にジムに行ったりもしないので、唯一の有酸素運動がウォーキングです。ちょっと速足で30分歩くだけでも効果を感じますよ。

あとは友人や家族と楽しい時間を過ごすことが何よりのリラックス方法ではないでしょうか?

私は外資系企業に勤めていたので、上司のホームパーティーや会社のイベントでご家族とお会いすることもありました。

普段は怖い上司が家族の前では違う表情でいるところを見ると、家族がエネルギーの源泉なんだな~と感じます。

仕事で成功するためには、仕事以外のところでも充実した時間を持つこと。こうすることで不安やストレス、疲労などからあなたを守ってくれるでしょう。

最近の投稿

カテゴリー